メインクーン

メインクーンの性格や大きさは? ギネス級の大きさ123cmになることも!?

投稿日:

メインクーンはフカフカの毛皮と特徴的な耳(リンクスティップ)が可愛いですよね。

原産はニューイングランド地方のメイン州。メイン州公認の州猫として認定されています。

そんなメインクーンの性格や大きさなどについてまとめていましたよ!

メインクーンの大きさや特徴、重さは?

メインクーンは家猫として17世紀から18世紀にかけてヨーロッパから持ち込まれニューイングランド地方特有の厳しい気候で生きてきました。

その厳しさの中で育ったため身体が強く適応能力の高い猫だけが生き残りました。
メインクーンは人工的な品質改良の猫としてではなく自然にしっかりとした毛やがっしりとした骨格を持った丈夫で大型な猫に進化していきました。

メインクーンはギネス級の大きさ! 平均的な重さは?

4歳から5歳の間に成猫として体格が決まります。
成猫になったメインクーンは体調が1メートルを超える場合もあります。
2010年に世界最長の猫としてギネスに認定されたメインクーンは当時5歳で123cm でした。
またこのメインクーンは2011年には世界一長いしっぽのネコとして41.5 cm でギネスに認定されました。

体重も大きい場合は11kg~12kg のメインクーンもいますが
平均としてオスは6kg~9kg
メスは3kg~5kg
と人間の子供並みの重さです。

メインクーンのルックス

リンクスティップ(耳のてっぺんのピンと立った毛)によって山猫らしさが出ています。
さらに美しいところは横顔のシルエットです。
鼻すじがジェントルカーブと呼ばれる流れ線的なくぼみが緩やかにあります。
よくノルウェージャンフォレストキャットと似ていると言われるメインクーンですが見分けるポイントとしてジェントルカーブの有無があります。

メインクーンの正確と育て方が知りたい!

育て方が難しいというイメージを持たれているメインクーンですがたくましい体つきとは逆に大変温和で人懐っこい性格です。
環境の変化にも慣れるのが早いので育てやすく、多頭飼いや犬などを飼っていても問題なく育て方はそれほど大変ではないと言われています。

長毛種ですので、毎日ではなくとも頻繁にブラッシングを心がけるようにしてください。
そうすることによって猫とのスキンシップもできますし皮膚病などの早期発見にもつながります。
メインクーンではなくとも猫の育て方の基本として覚えておきましょう。

あまり飼い主さんの膝の上に乗っかるメインクーンは少ないようですが乗っかる事が
大好きなメインクーンもいるようです。

しかし子猫の頃からの育て方や環境により個体の性格も変わると思います。

犬のような性格の猫

メインクーンは犬みたいな性格の猫と言われています。
その理由として大変賢いことが挙げられます。
大変賢い性格のため育て方次第ではものを取ってくることを覚えるそうで郵便物を取りに行ったり飼い主さんが投げたボールを奪って戻ってくるというメインクーンもいるようです。
またとても器用なため前足を使って店の戸を開けたり小さな物を持ち上げたり水道の蛇口をひねったりなど犬以上の器用な作業をこなすこともありますのでご注意を。

賢すぎて困るというパターンがメインクーンの育て方の難点かも知れません。

メインクーンの育て方や重さ性格などのまとめ

メインクーンについて何も知らなかった方はその大きさや重さなどに驚かれたのではないでしょうか?
大型で怖いイメージを持たれそうなメインクーンですが優しい性格で賢くて育て方が難しくないということが分かりましたね。
優しく賢い性格のメインクーンと一度は暮らしてみたいものです!

👑猫餌ランキング

-メインクーン

Copyright© ネコは猫餌の夢をみるか? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.